料金表

保険診療と自由診療に関して

現在の日本の保険制度では、患者様一人ひとりにあった治療というものを完全に行うことはできません。
保険診療は全てにおいて項目が画一化され、できることが事細かに決定されているためです。

患者様によって保険診療の範囲で事足りることもあればそうでないこともあり一概に言えないのが現実ですが、治療行為そのものが大きく違ってきます。
診療内容と料金に関しましては、時間をかけて説明し、納得して頂いた上での治療を前提にしておりますので、何でもご相談ください。

下に自由診療の主な料金表を掲載致しますので、参考になさってください。

料金表(全て税抜きの価格となります)

クリーニング診療ページへ

クリーニング(PMTC) 7,000円
ホワイトニング(上下顎) 50,000円
(ホームホワイトニング)
ガムブリーチング 5,000円~

一般歯科診療ページへ

ゴールド(20K or PGA)

インレー 80,000円
アンレー 90,000円
クラウン 130,000円

ハイブリッドセラミック

ダイレクト 10,000円~30,000円
インレー 55,000円
アンレー 65,000円
前装冠 80,000円
ジャケット冠 70,000円
(前歯、小臼歯のみ)

オールセラミック

インレー 80,000円
アンレー 80,000円
ラミネートベニア 80,000円

セラミッククラウン

メタルボンド 130,000円
ジルコニア 150,000円

補綴治療、インプラント

補綴治療診療ページへ

金属床義歯 240,000円~
磁性アタッチメント 70,000円
(1装置につき)
コーヌス・テレスコープ義歯 440,000円~
ノンクラスプデンチャー 180,000円~

インプラント診療ページへ

基本診査 10,000円
(診査、診断・レントゲン・模型製作)
CT撮影 15,000円
フィクスチャー 300,000円
(インプラント体)
アバットメント 50,000円
(チタン)
65,000円
(ジルコニア)
上部構造 150,000円
ソケットリフト 50,000円~
(人工骨の移植を伴う場合のみ)
ボーングラフト 100,000円~

噛合治療診療ページへ

オクルーザル・リハビリテーション(咬合再構成)

咬合治療 15,000円
一歯(プロビジョナルクラウン作製回数の制限なし)
調整料 3,000円
歯の形態を段階的に適正化させ、噛み合せを理想的な状態に導く治療です。
治療期間は症例に応じて、3ヶ月~12ヶ月となります。
(注)プロビジョナルクラウン(仮歯)を作製し、咬合治療を行う場合この費用が発生します。
下顎位の偏位を伴い、更に歯の形態改善が必要な場合のみに行います。
噛み合せそのものを根本から大きく改善する場合に必要となる治療です。
当院にて補綴治療(自由診療)を行なう場合はこの費用はかかりません。
プロビジョナルクラウン(仮歯) 3,150円~5,250円/1本

矯正治療診療ページへ

部分矯正 150,000円~
上顎、あるいは下顎のみ 400,000円
上下顎 800,000円
毎月一回の調整料 5,000円

矯正治療(マウスピース矯正)(クリアアライナー)

部分矯正 300,000円~
上顎、あるいは下顎のみ 500,000円
上下顎 1,000,000円
毎月一回の調整料 5,250円
(注)症例によってマウスピース矯正のみで対応できないことがあります。
ワイヤー矯正とマウスピース矯正を組み合わせることも可能です。
矯正治療は症例、用いる装置や患者様の希望によって費用が変動することがあります。

精密根管治療(マイクロスコープ使用)診療ページへ

抜髄処置

上顎中切歯 側切歯 30,000円
上顎犬歯 40,000円
上顎小臼歯 60,000円
上顎大臼歯 100,000円
下顎中切歯 側切歯 30,000円
下顎犬歯 40,000円
下顎小臼歯 50,000円
下顎大臼歯 100,000円

感染根管処置

上顎中切歯 側切歯 50,000円
上顎犬歯 60,000円
上顎小臼歯 100,000円
上顎大臼歯 150,000円
下顎中切歯 側切歯 50,000円
下顎犬歯 60,000円
下顎小臼歯 60,000円
下顎大臼歯 150,000円
(注)マイクロスコープを用いた精密な治療を行います。
治療を開始しても、歯に亀裂、治療不可能な穿孔の発見等で、予後不良が見込まれた場合は治療を中断します。 その場合、費用は発生しません。
ラバーダム防湿を用い、根管治療小器具は、全て新品を使用します。 充填物の除去から、根管充填までの費用となります。 新しく作成する被せ物は、別途費用が掛かります。
一回の治療時間の目安は60分~90分とします。
根管治療は根の状態によって治療の成功率が左右されます。マイクロエンドにより、 治療精度は上がりますが、やむを得ず抜歯になる場合もあります。