審美歯科

We shall never know all the good that a simple smile can do. by Mother Teresa

ただの笑顔であっても、それは私たちの知らない可能性を秘めている(マザーテレサ)

審美治療の前に

美しい口元は美しい笑顔をもたらしてくれます。素敵な笑顔や引き締まった口元には品格が宿ります。顔の印象の大部分は口元によるものだという事をご存知ですか?
目元より、口元を隠すほうが顔の特徴を半減させます。
口元が顔の印象に与える影響はとても大きいのです。

もし、顔の印象を変えたいと思うなら、最初に口元を変えることが最も効果的です。
美しい口元を獲得するためには、歯並びを改善する以外にも方法があります。
それは、口の周りの筋肉を効果的に使う方法です。
口の周りの筋肉をしっかり動かすことで、引き締まった綺麗な口元を演出します。
そのためのトレーニングとして、できるだけ口元を意識して会話したり、口元のエクササイズとして大きくゆっくりと あ・い・う・え・お と行うのも効果的です。
歯並びが良くても口元が緩んでいると美しさは半減します。

口角を持ち上げて、笑顔の練習をするのも良いでしょう顔の筋肉をしっかり、ゆっくり動かすことを意識してください。

審美治療に関する誤解

審美歯科という分野は、歯科治療を総合的に考えている歯科医師にとっては、特別なものではありません。
歯科治療をあらゆる視点で考え、口腔全体の機能回復を最大限まで考慮すれば、おのずと美しい歯の形、歯並びにつながるからです。

しかし総合的に考える歯科医師はまだまだ少なく、今日までの一般的な歯科治療はそのほとんどが対症療法ばかりで、口腔の持つ機能を根本から考えて治療する歯科医師は少数派でした。
また、美容歯科と称し、なんでも削って白いものを被せる方法が、派手な広告などで認知されてしまい、一般の人たちにとって審美歯科は美容整形と同じような認識をもっているのではないでしょうか?
もちろん、一般的な歯科治療、美容歯科のどちらも、その時代や地域にとって必要とされてきたからこそ、今もそういった診療体系があることに異論はありません。

しかし同時に、歯科医師の中にも今までの歯科治療を見つめ直し、より良い未来のために新しい歯科医療の開拓をする人たちが増えてきていることを知っていただきたいと思います。
歯科医療を本当に根本から考えるのであれば、審美性と機能性は同時に成り立つものであり、どちらか一方だけが優れてしまうと、後々問題が生じ易くなります。
本当の審美歯科治療とは、奥歯と前歯の正しい関係、健全な歯周組織、将来的に安定した歯と歯肉の形状、適切な顎の位置、適切な噛み合わせ、などをきちんと考慮し、豊富な経験と精密な治療を施すことで成り立つ治療です。
前歯にセラミックを被せる、ホワイトニングで歯を白くする、矯正で歯並びを綺麗にする、どれも見た目を美しくするために行われるものですが、その美しさが長持ちし、審美治療が他に悪い影響を与えないようにするための注意点を教えましょう。

  • 前歯をセラミックでかぶせる方法について
  • 複数の歯を被せるときには注意!!
  • 前歯の角度はとても重要

ホワイトニングについて

ホワイトニングには2つの方法があります。

  1. 歯科医院で行うオフィスブリーチング(OB)
  2. 自宅で行うホームブリーチング(HB)

OBはすぐに白くなりますが、後戻りが早く、何回か繰り返さなければならないので費用もかかります。 HBは時間がかかりますが、ゆっくり漂泊するため、OBに比べて後戻りが遅いのが特徴です。
また、費用もHBより安く済みます。
時間に余裕があるのであれば、HBをお勧めします。しかし、できるだけ早く、そして後戻りを少なくしたいということであれば、最初にOBを行い、次の日からHBを行う方法もあります。

歯や歯肉に問題があるとホワイトニングはできません。

必要に応じて事前に歯科治療を受けてください。
ホワイトニングジェルの濃度にはいろいろと種類があります。
日本人のエナメル質はもともと薄いため、10%未満が良く用いられますが、歯科医師の判断によっては高濃度のジェルを使うこともあります。
人によっては、歯がしみたり、歯肉が痛くなることもあるので、そのような場合は使用を中断し、歯科医師に必ず相談して下さい。

歯が白くなればなるほどに、もっと白くしたくなる気持ちが湧いてくることもあります。あまりやりすぎてしあうと、歯を痛めてしまうこともあるので注意しましょう。
行う前に写真を撮っておくことで、変化を客観的に判断できるでしょう。
ホワイトニング期間は、コーヒー、赤ワイン、喫煙など、歯に色がついてしまうようなものはできるだけ控えてください。

成功する審美歯科治療のポイント

  • しっかりと時間をかけること
  • 事前に医師との打ち合わせを入念に行うこと
  • 仮歯で十分な確認を
  • 総合的な治療ができる医師に依頼する
  • 人として信頼できる医師に任せること

ホワイトニングについてのよくある質問

どんな歯でも白くなるのですか?

どんな歯でも必ず望みの色まで白くなるという保障はありません。個々の歯の状態・質・ホワイトニングの効果がどの程度見込めるかを把握してからの施術となります。効果が充分に得られないと判断する場合にはあらかじめお伝えし、他の方法をご提案させていただきます。

その効果はどの位維持できるのですか?

通常施術後1年程度は、その状態を保ちますが、着色性の強い飲食物や嗜好物を多く摂取する方の場合は、上記期間内であっても、再着色のスピードが早まります。

ホワイトニングができない場合はありますか?

歯科疾患がある・虫歯や重篤な歯周病、知覚過敏がある場合はできません。
歯科治療を受けた後にホワイトニングを行ってください。

無カタラーゼ症(歯周ポケットの中に過酸化水素水(オキシドール)を1滴たらします。もし、泡が出ないようであれば、無カタラーゼ症と診断されます。)

妊婦、授乳中の女性。(安全性の確立は行われていないため)
出産、授乳終了後に施術可能となります。

象牙質形成不全症・エナメル質形成不全症。歯頸部に強い変色があると効果がありません。
少しでも白くしてから、ラミネートベニアなどの審美補綴で対応するのが良いでしょう(エナメル質の薄い歯頚部に強い着色があると、そこはほとんど施術できません。たとえ、長期間のホーム・ホワイトニングを行っても困難です。)

将来的に歯に悪い影響はありませんか?

ホワイトニングに用いる薬剤は、その安全性が確認されたものを使用しております。
ただし、各個人によって感受性が違い、使用法を誤ると知覚過敏や歯髄炎を生じる可能性もあります。歯科医師の適切な管理下で行って下さい。