インプラント治療

虫歯や歯周病などで歯を喪失した後に、チタン製あるいはチタン合金製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、それを土台として歯を修復する治療です。

入れ歯と違って、インプラントは顎骨と強固に結合します。それゆえ、まるで自分の歯と同じように用いることができます。また、ブリッジのように隣の歯に負担をかけません。失われた歯の機能を、一歯単位で再び一度取り戻すことができる方法だといえます。

インプラントの技術革新によって、いまでは多くの歯科医院がインプラントを施せるようになりました。そもそも、顎骨と強固に結びつくことで歯の代わりを果たすこの治療法はあまり難しいものではありません。外科処置をきちんと行える歯科医師であれば、比較的に安全行える治療法です。特殊なインプラント症例を除けば、むしろ下顎の第3大臼歯の埋伏抜歯のほうが難しいかもしれません。

難しそうで怖いイメージがありますが、他に問題がなく、骨がしっかり残っている症例であれば、比較的簡単な手術であり、基本事項を守れば痛みや腫れほとんどありません。

骨と強固に結合することから、入れ歯や矯正治療の固定源に用いる場合もあり、インプラントを応用した治療法も多種多様です。精密な入れ歯や、難しい矯正治療の問題をインプラントで簡単に解決できることもあり、インプラント需要はこれからも増えていく傾向にあると言えます。

インプラント治療が急速に普及する背景について

インプラント治療は2008年あたりから急速に日本全国的に拡大してきました。それまでは、ある一部の歯科医師が取り扱う治療法でしたが、最近では多くの歯科医師が取り扱うようになりました。

拡大していくと同時に、インプラントトラブルも増加し、社会問題としてマスコミも大きく取り上げるようになり、様々な意見が交差するのは周知の事実です。

インプラントの魅力は、なんといっても失った歯の機能を天然歯レベルで回復することであり、違和感の少なさや、噛み心地は、義歯やブリッジよりはるかに優れていると言えます。ただし、得られる機能と引き換えに、様々なコストやリスクが義歯やブリッジより高くなります。

義歯やブリッジの欠点を補えるインプラントが普及する理由として、その性能の高さが多くの人に認められていることは明らかです。インプラントの失敗率は、統計的に見ても少なく、諸条件をきちんと満たせば、安全に行える治療法だといえます。

しかしながらその一方で、インプラントトラブルに悩む患者が増えています。普及拡大していく中で、諸条件をきちんと満たしていないにもかかわらず、安易にインプラント治療を選択、施術する歯科医師がいることも事実ですその原因は、日本の歯科医療の実情にあります。今から50年以上前に制定された国民皆保険に支えられている歯科医療の本質は、「対症療法」であり、「根本療法」ではありません。

虫歯や病気の問題が小さければ十分通用しますが、問題が大きくなればなるほど、根本的に解決することは難しい現実があります。

歯科における国民皆保険は一人の歯科医師が沢山の患者を診察するための制度であり、一人一人の患者に対して、時間をかけて細やかな治療を行う制度ではありません。誤解のないよう申し上げれば、これはこれで必要な制度であって、対症療法と根本療法では、そもそも「目的」が異なるということです。医療機器や歯科材料、治療技術の発達するスピードと、「対症療法」を中心に行う日本の歯科医師の背景がミスマッチこそ、インプラントトラブルの大きな原因かもしれません。

安全で確実なインプラント治療がもっと普及するためには、歯科医師のモラルの向上、患者のインプラントに対する正しい理解、何よりも日本人の天然の歯の保存にこだわる文化が必要だと考えます。

正しいインプラント治療を行うためには、患者が歯科医師を正しく選ぶこと。歯科医師を正しく選ぶためには、患者がインプラントについてきちんと理解する必要があるのです。

インプラント治療の成功条件

インプラント治療の成功させるためには、成功のための諸条件をきちんと満たすことです。条件が満たされていればいるほど、インプラント治療は安全です。

成功の条件

  1. 歯科医師から十分な説明を受けている、患者がインプラント医療について理解している。
  2. 周囲に十分な骨があること(前後左右に1.5mm〜2mm以上の余裕が望ましい)
  3. 歯科医師の診断力、技術力が高い
  4. 糖尿病や心疾患などの全身疾患がない(あっても不可能というわけではありません)
  5. 喫煙を避けること(喫煙者にも治療は可能ですが、成功の確率は下がります)
  6. 顎骨の大きさや、力学的な問題にあわせたインプラントのサイズや種類を選ぶこと
  7. そもそも歯を失った原因を明らかにし、対策をきちんと立てること。
  8. 認可をうけたインプラントのメーカーを選ぶこと
  9. インプラント以外の歯科処置も丁寧にできる歯科医師を選ぶこと
  10. 歯科医師と患者さんがお互いに良好な信頼関係にあること
  11. あるいは各専門医と適切な連携がとれる環境にあること
  12. インプラント治療後に、定期的な健診を受けること

インプラントが失敗する原因

成功の条件を十分に満たしていなければ、インプラント治療は失敗する可能性があります。
安易な発想、手軽な気持ちで行うことは避けましょう。十分な診査を行い、インプラント治療を行っても良いのかどうか? 歯科医師としっかり協議してから判断することが大切です。そもそも、歯を失った原因を改善しない限り、再びインプラントを失う可能性があります。インプラントはただの道具にすぎません。定期的な検診は必ず受けるようにしてください。

インプラント治療に関連する各オプションについて
(移植材料 周囲組織環境について)

よくあるケースですがインプラント周囲に十分な骨や組織がない場合は、様々な移植材料やテクニックを用いて対応します。インプラント周囲組織の適切な環境は、治療成功の可否に大きく影響するので、十分に検討し、必要に応じて選択しなければなりません。その判断力(診断力)と治療技術は歯科医師の能力によって異なるので、歯科医師の選択は慎重に行うことをお勧めします。

歯科医師の技量によって、各オプションの種類と成功率が変動します。簡単な症例であればさほど問題ありませんが、困難な症例なればなるほど、オプションの質が成功率に直結します。説明に納得がいかない場合や、治療前の不安が解消できない場合は、複数の歯科医師に相談してみるとよいでしょう。

定期検診でインプラントの何をチェックするのか?

1 インプラント周囲の汚れの状態 (口腔内の清掃状況)
2 上部構造とかみ合わせの変化の有無
3 アバットメントの緩み、上部構造の緩みの有無
4 隣在歯とのコンタクトの緩みの有無
5 周囲歯肉の炎症、出血の有無
6 支えている骨の破壊、吸収の有無
7 他の病気がある方は、関連する状況について
8 最近の生活習慣や食生活の内容について

定期健診をきちんと行うことで、インプラントやかみ合わせ全体を正しく管理できるようになります。問題の早期発見、早期対策(早期治療)が何よりも大切なのです。

当院では、ザイブインプラントシステムアンキロスインプラントシステムを導入しています。

比較される入れ歯やブリッジの真実
~ふさわしい治療法を選択すれば良いだけ~

わかりやすく言えば、それぞれ利点、欠点が異なります。コスト、リスク、治療期間、適応範囲、それぞれあります。また、何よりも患者が真に何を求めているのか? 理想論ばかりでなく、現実的に考えること、そしてできるだけ将来の選択肢を残すことが重要です。

各治療方法の良し悪しを考える前に、患者にとって何がベストなのか?をしっかり吟味しなければなりません。だからこそ、歯科医師と患者の相互理解、話し合いが大切です。

とにかく費用を安く抑えたい治療期間を短くしたいのであれば、保険の義歯、ブリッジが良いでしょう。審美性、耐久性、装着感を良くしたいのであれば、インプラントは有効です。場合によっては、一時的に義歯、ブリッジを選択し、将来的にインプラントに変更することもできます。

また、将来のことを見据えて、全体のコスト、リスク、治療機関を最小限に抑えたいのであれば、最初からインプラントを選択する方が良い場合もあります。このように、様々な目的、条件によって正しい選択肢は異なります。何度も言いますが、大切なことは治療法の良し悪しではなく、患者が何を求めているのか? 患者にとって何がベストなのか?を明らかにすることが何よりも重要だということです。

入れ歯とインプラントの比較について

入れ歯の不快感は、使っている人にしかわからないものです。天然の歯に比べれば噛み心地も悪く、時間がたてば歯肉(はぐき)がやせて合わなくなります。合わなくなれば修理をしますが、繰り返される修理によって汚れも付着しやすくなり、修理するサイクルも短くなってきます。入れ歯のほとんどは多孔性の樹脂でできているため、細菌繁殖の温床になり易く、不衛生で入れ歯自体に臭いがつくことから口臭の原因にもなります。

入れ歯を長年使用すると、支えている骨は少しずつ減り、やがて入れ歯の適合性は悪くなりますが、適切なインプラントを入れた周りの骨はほとんど減りません。それどころか、骨がインプラントの周りにできるので、安定した環境を得ることになります。
ここが、入れ歯とインプラントの大きな違いです。

しかしながら、入れ歯にも利点が沢山あります。まず、治療期間が短く、基本的に外科手術が不要です。入れ歯にも様々な種類があり、審美性、耐久性に優れ、違和感を最小限に抑えた入れ歯もあります。インプラントに比べてコストが低く抑えられるのも魅力でしょう。

また、インプラントと入れ歯を組み合わせることで、お互いの欠点を補うこともできます。無理にインプラントを行うくらいなら、安全な入れ歯を選択するほうが賢明な場合もあります。目的に合わせて選択しましょう。

ブリッジとインプラントの比較について

ブリッジは隣の歯を削らなければなりません。歯を削ることで様々なリスクが発生することがあります。ブリッジの最大の欠点は、歯を削ること、歯に今まで以上の「力の負担」をかけること、その形態によって、今までより清掃性が悪くなることが挙げられます。

しかしながら、インプラントが普及するまでは、入れ歯に勝る利点を理由に、様々なタイプのブリッジが推奨されてきた歴史があります。世の中の一般的な視点でみれば、インプラントより、ブリッジや入れ歯の歴史が圧倒的に長いのです。

ブリッジの利点としては、インプラント、入れ歯より治療期間が短い。症例によってはインプラントより審美性が高い。歯を失う前と同じような感覚で使用できる。再治療が容易に行える。などが挙げられます。

条件がそろわないまま、無理にインプラント治療を行うよりも、そこそこの条件でブリッジを選択するほうが安全で快適なケースも少なくありません。インプラントと天然歯を連結させるブリッジもありますが、これに関しては、あまり推奨できる方法ではありません。ただし、かみ合わせの管理がきちんとできるのであれば、成功する確率は高いといえます。

インプラント治療は、入れ歯やブリッジにはない優れた点が沢山あります。しかしながら、安全かつ快適に行うためには様々な条件が必要となります。入れ歯やブリッジは、インプレント治療が向いていない方への優れた治療法であり、その歴史はインプラント治療より長く、様々な方法があります。

どの方法が最も優れているか?ではなく、あなたにとって、何がベストなのか?が大切です。歯科医師としっかり話し合い、自分にとって正しい選択をしてください