矯正治療

病気のリスクを下げる

美しい歯並びと、理想的な噛み合せは、歯を失うリスクを回避します。
叢生(歯が重なるように並んでいる状態)は、食物が複雑な歯と歯の隙間に停滞し、歯ブラシでは上手く取り除けなくなるので、虫歯や歯周病の原因となります。

悪い噛み合せは、噛む力が均等にかからないので、歯牙によって力を強く受けてしまい、咬合性外傷(歯周病)や顎関節症の原因となることがあります。特に、歯周病は、悪いかみ合わせが原因であることがほとんどです。
きちんと通院しているにも関わらす歯周病が治らない方には、矯正治療を検討することが必要です。

ある統計によれば、80歳以上で20本以上歯がしっかり残っている人の歯並びは、そのほとんどが正常歯列であり、噛み合せも適切な関係であると伝えています。

時々、「歯はそれほど磨いていないけれど虫歯になったことがない」などという方がいらっしゃいますが、実際覗いてみると確かに、理想的な歯並びと噛み合せである場合がほとんどです。
理想的な歯並びと噛み合せは様々な恩恵をもたらします。

歯周病予防、歯周病治療に効果的

毎度の歯みがきを完璧に行なうことは非常に難しく、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを行なわなければなりません。
理想的な歯並びと噛み合せであれば、歯ブラシやクリーニングが容易となり、普段の管理がとても行ない易くなります。
上下顎犬歯を理想的な関係に導くことにより、歯ぎしり時の小臼歯、大臼歯にかかる側方力を軽減し、咬合性外傷によって歯を失うリスクを減らすことにもつながります。

アメリカでは歯科治療が高額であるため、できるだけ将来のリスクを回避するために子供の時から矯正を行う傾向にあります。そのほうが後々かかるコストが少なくなると考えるからです。
勿論、矯正費用は高額であり、時間もかかることから一般的にはそれほど必要とされない見方もあるでしょう、しかし、矯正方法にもいろいろと種類があり、早い段階であればそれほど費用がかからない場合もあるので、気軽に相談してみるのをお勧めします。

一生涯という長い視点から考えれば、病気になってから入れ歯やブリッジ、インプラントに費用をかけるよりも、
あらかじめに矯正治療を行うことで将来のリスクを下げるほうが費用対効果は大きいでしょう。

矯正治療の種類と様々な活用法について

部分矯正

部必要な箇所だけを部分的に治していく矯正歯科治療です。
全体的な矯正に比べて費用も抑えられます。
治療期間は最低3か月~1年を目安にしてください。(保定期間を除く)
部分矯正で治療できないケースもあります。

このような方へ

前歯の傾き、突出、凹凸を改善したい
歯と歯のちょっとしたすき間を埋めたい
前歯だけが気になる方
仕事や学校が忙しく、治療時間が取れない、治療費を抑えたい方
過去に行った矯正治療の部分的なやり直しとして
インプラントや審美歯科などの一般治療前のスペース確保

部分矯正の条件

叢生の程度が軽度~中度であること
部分矯正を行えるスペースが十分にあること
奥歯のかみ合わせが良好であること
上下の歯が垂直的、水平的にズレがないこと
上下のアゴの骨格的バランスが悪くないこと
治したい箇所以外の歯並び、かみ合わせに問題がないこと
歯周組織に問題のない方
成人であること(成長過程にある方は部分矯正をお勧めしません)

全顎矯正

全顎矯正は上下すべての歯を動かして歯並びとかみ合わせを治す矯正方法で、最もバランスの良い治療ができます。全ての歯に矯正装置を付けるので、歯を動かすための固定源(アンカー)が得られやすく、歯並びを全体的に調整しやすいのが特長です。

部分矯正に比べて、かみ合わせ全体の根本的な改善がしっかり行えます。すべての歯に装置を取り付け、ワイヤー(針金)で歯を動かしていきます。必要に応じて他の装置も組み合わせることで奥歯のかみ合わせと前歯を含む全体の歯並びを治していきます。

このような方へ

かみ合わせや歯並びを根本的に改善したい
歯科治療にかかる費用を抑えたい
歯周病がいつまでも改善しない
部分矯正、マウスピース矯正では改善できないケース

全顎矯正の条件

年齢に関係なく行えます。
歯を支える骨、歯根、歯肉が健全である。
虫歯がない、あるいは虫歯の治療がきちんと終了している
患者の治療への協力意識がある
金属アレルギーがない

目立たない矯正

マウスピース矯正

取り外しのできる透明のマウスピースを装着することにより歯を動かしていきます。当院では、2つのシステムを導入しています。透明なマウスピース型の矯正装置なのでほとんど見えません周囲の人に気づかれずに歯並びを矯正することができます

目的、症例に合わせて、「インビザライン」と「アソアライナー」という2つの装置から選んでいただいております。

マウスピースは透明素材なので、気づかれる事はほとんどありません。
金属部品を使用しない為、金属アレルギーの方でも安心です。取り外せるので食事もストレスなく美味しく頂け、歯磨きも普通に行えます。
取り外して洗浄できるので、衛生的です。

ただし、ワイヤー矯正に比べて、全ての症例に適応する方法ではありません。
アソアライナーは比較的軽度な前歯の矯正治療(乱杭歯や空隙のある歯列の閉鎖等)が主な対象となります。当院では比較的軽度な症例についてはアソアライナーを推奨しています。

「インビザライン・システム」は米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供を始めたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。透明で目立ちにくく、取り外し可能な矯正装置として、世界80ヶ国以上の国々で使用されています。そしてこれまでに400万人を超える患者様が治療を受けられ、世界一の治療実績を誇るマウスピース矯正です。

豊富な臨床データを基に数多くの研究が行われており、システムは日々進化しています。近年、「中~重度の前突」「歯が大きくて叢生が強い、」「抜歯が必要」なケースなど幅広い症例にも対応できるようになりました。歯並びの状態(難易度の高い症例)によっては、短期間、部分的にゴムやワイヤーを併用することで、治療期間の短縮、確実性の向上を図ることが可能となります。

治療前には3Dシミュレーションソフト「クリンチェック」を用いて治療計画を立てます。治療後のゴールを事前に把握することが可能であり、治療開始から完了まで、どのように歯が動いていくのか、インビザラインの治療効果を患者様にご確認いただけます。

「クリンチェック」で治療計画を様々な角度から詳しくご確認いただいたうえで、治療を始めるかどうか患者様にご判断頂くことができます。万が一、「クリンチェック」で理想とする歯並びにならないことがわかれば、矯正治療を行わない選択をして頂くこともできます。

舌側矯正

利点

装置が歯の裏側に付きますので外側からは見えない
周囲の人に気づかれずに矯正治療を行うことができる。
表側の矯正に比べて虫歯になりにくい
装置が外からの衝撃によるダメージを受けにくい
前歯のコントロールが行いやすい

欠点

食べ物がひっかかる、取りづらい
矯正開始当初は発音がしづらくなる
舌の悪癖が治しやすい
治療期間が頬側矯正(表側矯正)より長くなる
症例によっては、頬側矯正(表側矯正)より良好な結果が得られない。

当院ではインコグニートシステム(カスタムメイド舌側矯正歯科装置)を導入しています。

インコグニート

インコグニートシステムとは

カスタムメイド舌側矯正歯科装置(インコグニート)・リンガルブラケットシステムは、100%フルオーダーメイドで作られます。コンピューターが歯型の模型を3次元的に解析し、(3Dスキャン)その位置情報から、ロボットがワイヤーを作製します。ロボットが作製するワイヤー形状は、太さの異なる最初のワイヤーから最後のワイヤーまで全く同じ形状でコピーして屈曲されており、誤差は極めて小さく正確に形態が再現されます。
このシステムにより歯をむだな動きなく理想的な位置に並べていくことが可能になります。

インコグニートの作製は、現在ドイツのバドエッセンの工場で行なわれています。患者様の歯型とかみ合せの記録をとってから装置のセットまでは、約5週間のお時間を頂く事になります

インプラント矯正

インプラント矯正とは矯正治療の時、矯正用インプラントを使って歯を動かす方法です。

利点

治療期間を短縮できる
矯正装置を最小限にできる、
抜歯をせずに矯正治療をできる場合がある
矯正の治療期間を短くできる
複雑な装置を使わないで済む
動かしたい歯だけを動かすことができる
虫歯のリスクを減らせる
これまで難しいとされたケースを簡易的に解決できる

欠点とリスク

麻酔が必要
脱離や破折の可能性がある
取り除く必要がある
歯を傷つけるときがある

矯正治療の注意点

矯正治療はあくまでも目的を達成するための手段でしかありません。また、矯正治療のみでは絶対にできないことも多くあります。理解していただきたいことは、歯科治療の方法の一つとして矯正治療があり、歯科治療とは、様々な治療を組み合わせて行われるものだということです。

歯や歯周組織、しいては顎関節を正しく機能させるためには各個々人に必要な環境や条件があります。矯正治療だけで十分な人もいれば、矯正治療以外の治療を組み合わせなければならない人もいます。

わかりやすい例を挙げましょう。

矯正治療を行う前に、奥歯に詰め物や被せ物があるとします。
一般的に、矯正医は歯をほとんど削りません。歯を動かすことを専門にしているので、動かすことしかしません。奥歯の詰め物や被せ物は、矯正治療前の歯並びに合わせて作られているので、新しい歯並びには適合しないのは明らかです。

新しい歯並びに合わせた詰め物、被せ物が必要となりますが、多くの矯正医はその対策をしません。奥歯のかみ合わせが、矯正医から見て良い状態だったとしても、かみ合わせに詳しい歯科医師から見ればあまり良い状態ではないことがしばしばあります。

現実として、矯正を専門に行う歯科医師と、総合的に治療を行う歯科医師には、知識と見識に大きな隔たりがあります。だからこそ、矯正医だけでなく、かみ合わせなどを総合的に診断できる歯科医師の存在が必要なのです。

また、最近では様々な矯正方法が確立され、以前よりも審美的に、短い期間で治療を行えるようになりました。しかしながら、どんなに技術が発達しても、歯科医療そのものの「本質」は変わりません。診断や目的を間違えてしまうと、かえって問題を大きくすることになります。

あらゆる視点から考えて、あなたにとってどのような矯正法がふさわしいのか?歯科医師と十分に話し合い、理解した後に矯正治療を行うことをお勧めします。