予防歯科

虫歯や歯周病の本当の原因は、生活習慣と食習慣にあります。
また、各個人の年齢や免疫力にも大きく左右されます。
過去の歯科治療そのものが歯科疾患の原因になります。
無計画な治療を繰り返すことで歯を失うリスクがあがります。
各個人によって病気の傾向、社会生活の現状と現実、健康に対する考え方が異なるので、
予防方法は各個人に合わせた方法を確立しなければなりません。
理想論ばかりでなく、結果に結びつく予防法を実践する必要があります。

当院では、各種口腔内検査等により、歯質の状態、歯周病・虫歯のリスクデータを取得し、必要に応じて(患者様の目的と考え方に合わせて)治療を行い、
治療後の口腔内環境を維持継続するための予防プログラムを提供します。
PMTC(専門の機器を用いたクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、
食事指導、生活習慣指導を併用した予防プログラムを実践しております。

歯科疾患の悪循環

疾患発生から健康に至るまでの理想的な流れ

歯は治すものではなく、守るものです。
定期健診を行い、疾患につながる原因の早期発見、早期対策を実践し、健康を正しく維持しましょう。

各年齢に対する歯科対策

0歳~3歳

食習慣や歯ブラシの習慣をしっかり身につけることで、後々の口腔内管理が容易になります。できるかどうかよりも、少しずつ身につけていくことが大切です。食事(間食を含む)は時間を決め、毎食時の後は歯ブラシを持たせると良いでしょう。口腔内管理を習慣化することを心がけましょう。

3歳~6歳

乳歯が全て生え揃う3歳の時点で、食事や歯みがきに対する生活のあり方がどのように習慣付けられているかが問われます。特に親の考える生活教育のあり方がそのまま反映されますので、この時期の子供には、食事の後に歯を磨く習慣をしっかりと身につけさせることが大切です。また、かかりつけの歯科医医院との良い関係を持つことも、その後の口腔内環境を良くすることにつながります。不正歯列、不正咬合にも注意して検診を受けてください。

6歳~12歳

親の目が少しずつ子供から離れていく最初の時期であるため、生活習慣の一部は子供自身に委ねられていきます。この時期は、永久歯の生え変わりが始まる時期であり、永久歯は幼若であるため、虫歯にとてもなりやすい時期でもあります。

不正歯列、不正咬合に対しても注意する時期であり、矯正検診をお勧めします。この時期に、親と子供が、口腔内の健康や、歯みがきの大切さを理解し、歯科医院との適切な関係を築くことによって、将来的な口腔内環境の安定を得ることにつながります。

13歳~18歳

子供の自立性が芽生え、更に親の目が行き届かなくなる時期であり、大人になったときの状態がある程度予測できる時期となります。ある意味ここが大きな分岐点と言えるでしょう。

この時期に生活環境や口腔内環境が良好であれば、その後の口腔内管理は習慣付けられていくことによって容易になります。もしもこの時期に適切な環境が得られなければ、将来的なリスクを上げることになります。

永久歯が未発達である時期は特に虫歯に注意してください。

18歳~25歳

永久歯の石灰化はほぼ終了し、親知らずの萌出の影響を受け始める時期となります。噛み合せを含めた、各個人の特性が決まる時期です。この時期の口腔内環境はそれまでの生活環境や意識レベルが反映され、一つの完成を表します。

つまり、各個人の方向性が見えてくる時期でもあるので、将来的なリスクに対して予測が立て易く、対処し易い最後の時期となります。

25歳~35歳

それまでの生活環境や意識レベルがある程度出来上がっているため、口腔内環境の大切さについてそれぞれの見解の違いがはっきりする時期となります。

各個人の価値観で、歯科医院との関係性が決まるとも言えます。この時期に悪因子を残しておくとはできるだけ避けたほうがいいでしょう。
社会人として仕事で忙しくなる時期でもあり、健康の自己管理が疎かになり始める傾向があると言えるでしょう。

後々のためにも、歯科医院と良い関係を築き、将来的なリスクをできるだけ軽減できる計画的な管理をお勧めします。

35歳~50歳

口腔内の将来像が見えてきます。虫歯に対する配慮も大切ですが、歯周病や噛み合わせに注意を払ってください。将来歯を失いたくなければ、遅くてもこの時期までにしっかり考えることをお勧めします。

この時点で虫歯がなければ、生活習慣(食習慣やハブラシの内容など)に大きな変化がないかぎり、それほど虫歯に対する心配はしなくていいでしょう。もし虫歯が存在する場合は、早急に治療し、日常の生活習慣を改善することを提案します。

噛み合せの問題はこの期間内までに対処したほうが良いでしょう。放置してしまうと、後々の対処が困難になる場合があるからです。また、歯周病による影響が少しずつ現れる時期であるため、悪因子を早期に発見することで、将来的なリスクを軽減する事につながります。

この時期に対処を怠ることは、将来的に歯を失う可能性が高まります。

50歳~65歳

生涯において、入れ歯になるか、ならないか、歯で困るか、困らないかが更にわかる時期といえます。きちんと管理をしてきた人としなかった人の差がはっきりしてきます。つまり各個人の口腔内環境の管理結果が出る時期と言えるでしょう。

この時点で特に問題がなければ、将来的にそれほど心配することはありません。(定期的管理は必要です。)しかしもし、この時期に問題がある場合は、入れ歯やインプラント、ブリッジなどを含めた複雑な治療が必要になってきます。

その場合は、問題点を根本から見直し、対症療法のみではなく、計画性を持った包括的療法を行なうことを勧めます。

65歳以上

個人差にもよりますが、体力的、年齢的にも、長期的かつ複雑な歯科治療は身体にも負担をかけていくことになります。老後に備えて、口腔内の健康管理をしっかり行なうためにも、かかりつけの歯科医院とよく相談されることをお勧めします。

将来を見据えた治療を心がけてください

また他の疾患がある場合は医師との連携を考えなければなりません。全身の健康管理を含めた考え方が必要になります。基本的に年齢を重ねれば重ねるほど、長期的かつ複雑な治療は困難なるので、できるだけ早期の治療、早期の予防管理を心がけてください。

また、計画性のある治療、包括的治療を行なうことは、後々の負担を減らすことにつながります。一生涯、自分の歯が健康であるためにも、早期発見、早期治療、予防管理を大切にしてください。

歯は、適切に管理されることでいつまでも使用することが可能です。加齢と共に抜け落ちるものではありません。

まずこのことをしっかりと認識していただきたいと思います。

各個人、年齢、環境によって口腔内のコンディションは変化します。その変化を読み取りながら、歯科医師が適切な口腔内環境を提供し、患者側が維持継続していくための習慣を順守していただくことで、いつまでも健康な口腔機能を獲得できるのです。