矯正治療

矯正装置を用いて歯を動かし、歯並びや噛み合わせを理想的な状態にする治療です。 虫歯、歯周病、発音、顎関節症、歯ぎしり、腰痛、肩こり、いびき、などに対して効果があるといわれています。

矯正治療のススメ

歯科治療でかかる時間やお金をできるだけ少なくしたいとは思いませんか?

 

そのためには2つの条件が必要です。

 

1.歯がきちんと磨けていること 2.歯並びや噛み合せが適切であること この2つの条件を満たすために矯正治療は非常に有効です。 歯並びや噛み合わせが適切であれば、毎日の歯みがきは容易になります。各歯牙に対する力学的問題も軽減します。

 

美しい歯並びと、理想的な噛み合せは、歯を失うリスクを回避しやすいと言えます。 叢生(歯が重なるように並んでいる状態)は、食物が複雑な歯と歯の隙間に停滞し、歯ブラシでは上手く取り除けなくなるので、虫歯や歯周病の原因となるのです。

噛み合せが悪いとそれぞれの歯に噛む力が均等にいかず、歯牙によって力を強く受けてしまうために、咬合性外傷や顎関節症の原因となることがあります。 これらの疾患には他にも様々な原因がありますが、歯並びと噛み合せは大きな要因であると言えます。ある統計によれば、80歳以上で20本以上歯がしっかり残っている人の歯並びは、そのほとんどが正常歯列であり、噛み合せも適切な関係であると伝えています。

 

時々、「歯はそれほど磨いていないけれど虫歯になったことがない」などという方がいらっしゃいますが、実際覗いてみると確かに、理想的な歯並びと噛み合せである場合がほとんどです。

理想的な歯並びと噛み合せが様々な恩恵をもたらしてくれることを、歯科医師になって経験を積むにつれて確信するようになりました。

毎度の歯みがきを完璧に行なうことは、歯科医師や衛生士でも難しいのです。
ですから、我々も定期的に歯科医院で歯のクリーニングを行なわなければなりません。理想的な歯並びと噛み合せであれば、歯ブラシやクリーニングが容易となり、普段の管理がとても行ない易くなります。

さらには、上下顎犬歯を理想的な関係に導くことにより、歯ぎしり時の小臼歯、大臼歯にかかる側方力を軽減し、咬合性外傷によって歯を失うリスクを減らすことにもつながります。

 

アメリカでは歯科治療が高額であるため、できるだけ将来のリスクを回避するために子供の時から矯正を行う傾向にあります。そのほうが後々かかるコストが少なくなると考えるからです。

勿論、矯正費用は高額であり、時間もかかることから一般的にはそれほど必要とされない見方もあるでしょう、しかし、矯正方法にもいろいろと種類があり、早い段階であればそれほど費用がかからない場合もあるので、気軽に相談してみるのをお勧めします。

一生涯という長い視点から考えれば、入れ歯やブリッジ、インプラントに高額な費用をかけるよりも、矯正を行うことで将来のリスクを下げるほうが費用対効果は大きいと思います。 いろいろな機会を通じて、矯正治療が身近なものだと感じていただければ幸いです。

矯正治療とは

歯並びが良いと、摂食時に、口の中で食物の流れがスムーズに流れるので、歯並びの悪い状態に比べて歯の周りに食物が残りにくくなります。
これにより、虫歯菌や歯周病菌の活動を抑えます。
狭い歯並びは舌の動きを抑制します。
また前歯が突出している場合は唇の動きが限られてきます。

きれいな発音をするためには、唇や舌、口の周りの筋肉の動きが自由にできることが必要です。
歯並びを正しくすることは、唇や舌、口の周りの筋肉の運動を正しく導きます。

 

噛み合わせが悪い場合、歯ぎしりのせいで歯を失う場合があります
噛み合わせのズレは肩こりや腰痛の原因となることもあります。
正しい噛み合わせは、歯ぎしりから歯を守ってくれます。
マウスピースでも歯ぎしりから歯を守ることができます。
正しい噛み合わせは、頭部の位置を正しく導きます。

歯ぎしりの意外な危険性

歯ぎしりとは
歯ぎしりはブラキシズム(Bruxism)と呼ばれ睡眠時や覚醒時を問わず、歯を動的、若しくは静的にすり合せたり、噛み締めたりする非機能性咬合習癖の一形態である。様々な動作を包括した広義の「歯ぎしり(歯軋り)」を指し、咬合神経症とも呼ばれる。 ブラキシズムは弄舌癖や咬唇癖のような無意識、無目的に行われる異常習癖と同様のものであり、動作が行われる際には咀嚼筋群の異常緊張と、それに伴う歯お よび歯周組織への炎症性破壊、更に顎関節への異常な負荷がかかることにより関節円板の転位などが生じる場合もある。歯周組織の破壊により、歯軋りする人の6割以上が歯周病を併発していると言われる。

● 私自身のエピソード
私が自分の歯ぎしりに気づいたのは2003年のことでした。

それまで自分は歯ぎしりしないものだと信じていました。以前から自分の前歯が少しばかり欠けているのを知っていましたが、それは長い間に少しずつ磨り減っていったものだと思っていました。

最近の歯科材料の進化はめざましいもので、以前ほど歯を削らなくても部分的にプラスチックを簡単に接着させることができるようになりました。

私も、自分の前歯の少し欠けている所に、プラスチックを貼り付けてみたところ、これがとてもいい具合で、もしとれてもすぐ付け直せるので、特に気にせずに使っていました。

2ヶ月が過ぎたある朝、鏡に映る自分の前歯を見て驚きました。つけたはずの前歯のプラスチックが無くなっているのです。そして、前歯がすこしざらざらしています。下の前歯を合わせてみると、切端部がパズルのように一致します。

「歯ぎしりだ、、、」

確信しました。自分も歯ぎしりをしているのだと。

その後、同じように付け直しましたが、やはり1?2ヶ月に一度は歯ぎしりによってプラスチックは無くなっていました。

意識するようになってから朝方、自分の歯ぎしりで目が覚める日もありました。

その後、同じようにしてみましたが、何度つけても無くなってしまうのです。そこで今度は、歯ぎしりを考慮して上下の前歯同士の噛み合せの精密な調整をしたところ、以前より長期的に安定するようになりました。

歯ぎしりにも行なう頻度の高いもの、低いもの、力の強いもの弱いものがあります、また、必ずしも毎日行なうとも限りません。

歯ぎしりを自分で自覚している人はおそらく全体からみて少ないと言えるでしょう。

ところが歯ぎしりや食いしばりの痕跡は、いたるところで見つけられるのです。
簡単な例として、歯の咬耗、舌、頬の内側に歯の圧痕がある場合は歯ぎしりや食いしばりを疑っていいでしょう。

また、特殊なマウスピースを用いて、就寝時の歯ぎしりを確認する方法もあります。

就寝時の歯ぎしりや食いしばりは起きている時よりも比べ物にならないほど強く行われています。個人差はありますが、体重と同じくらいの力がかかるといわれています。あるいはそれ以上です。

歯ぎしりや食いしばりそのものが悪いというわけではありません。むしろストレスメカニズムの一環として必要な行動なのです。ただし、歯並び、歯の形態、顎関節の状態などによって力が上手く分散されない場合、その強い力は部分的に集中してしまい、その繰り返しによって気づかないうちに歯周組織が破壊されたり、顎関節に異常をきたすことになります。

1つ1つの歯には、受ける力の大きさと方向が決まっています。この力の大きさと方向が許容範囲を超えてしまうと、様々なリスクが生まれるのです。

またこの許容範囲は個人差があり、長期的に観察してみないと分からない事もあるので、歯科医師とよく相談して、治療方針や予防管理について計画を立てていくことをお勧めします。

「患者さまと話し合う事」を最も重要視しております 03-3446-1671 渋谷区広尾5-4-7 サンパティーク広尾2F

CONTACT・ACCESS 03-3446-1671

お問い合わせフォーム

広尾駅から徒歩30秒

よくある質問

料金表

初めての方へ

  • 診療カレンダー

  • 広尾駅近

    東京都 渋谷区広尾5-4-7
    サンパティーク広尾2F
    詳細はこちら

    ドクターズファイル

    ドクターズファイル

    ドクターズファイル

    駅から動画