一般歯科

 

M.I(Minimal Intervention):これはできるだけ歯を削らずに治療することを基本とした考え方です。

 

2000年に初めてFDI(国際歯科連盟)が提唱したMinimal Intervention(最小の侵襲)概念であり、2002年10月に開催された第90回国際歯科連盟世界会議の総会において、新たに採択された虫歯治療(齲触管理)に対する公式声明です。

 

つまり、これが世界のスタンダードです。

虫歯治療とは

これまでの虫歯治療

・歯を削ったうえで金属を被せる
・何故虫歯になったかまでは考えない
・再発を防ぐための患者様にあった方法を考えない

 

これからの虫歯治療

・患者様一人ひとりにあった治療を行う
・なるべく歯を残す
・根本的な原因を探り、再発を防止する

虫歯治療を成功させるために

一人ひとりにあった治療を行う、歯を保存するということで一口に虫歯と言っても様々な治療方法 があります。
また詰め物に関しても金属だけでなく、プラスチックやセラミック、ハイブリッドレジン等多岐に渡っています。
保険治療で行えること、行えないことやメリットとデメリットなどをしっかりと説明を受けた上で、医師と話し合いながら治療についてお互いに深めていく ことが大切となります。

 

虫歯に至った原因を明らかにしなければ、どんなに上手な治療を施しても、必ずまた虫歯になります。
同じ歯に何度も治療を繰り返していけばいくほど、その歯を失う確率が上がります。

歯を大切に保つためには、治療の技術や、使う材料の良し悪しだけではなく、虫歯になった原因を 取り除き、治療を繰り返さないことが何より大切です。
そのためには、患者さん自身が、ご自分の歯の問題についてよく知ることが大切だと考えております。

当院では、患者さんが理解し、納得できるまで説明させていただきますので、疑問に感じたこと、不安に感じたことなど、なんでもおっしゃってください。

「患者さまと話し合う事」を最も重要視しております 03-3446-1671 渋谷区広尾5-4-7 サンパティーク広尾2F

CONTACT・ACCESS 03-3446-1671

お問い合わせフォーム

広尾駅から徒歩30秒

よくある質問

料金表

初めての方へ

  • 診療カレンダー

  • 広尾駅近

    東京都 渋谷区広尾5-4-7
    サンパティーク広尾2F
    詳細はこちら

    ドクターズファイル

    ドクターズファイル

    ドクターズファイル

    駅から動画