噛合治療

噛み合わせは、全身の重心バランスやほかの口腔内トラブルと密接に関係しています。
歯科治療を受けてもなかなか治らない、原因はよくわからないけれど体調不良がある場合、一度噛み合わせを調べてみることをおすすめします。

噛み合わせと身体のバランス

噛み合せは、全身の重心バランスと密接な関係にあります。噛み合せのずれは、頭部のバランスを狂わせることにつながります。
人間の身体の重心点は、頭部と腰部にあります。
特に頭部の重心がずれてしまうと、支えている頚椎のバランスが崩れてしまい、腰部バランスにも影響します。

頭痛、肩こり、腰痛、体調不良、免疫不全、不妊症、耳鳴りなどが噛み合せの改善によって解決する症例は確かにありますが、本当のところ、全ての因果関係が明らかになっているわけではありません。

噛み合わせをよくすることが、万病にたいして有効とは言い切れません。しかし少なくとも、噛み合わせのバランスを適正化することによって、身体の重心をとりやすくしたり、頸部の血流やリンパの液の流れが改善されるということは想像するに難しくはありません。

全身という観点でみれば、噛み合せはあくまでも一つの要因にすぎませんが、大切な要因であることも認識しなければなりません。

人間の身体において、両側が対である関節は、顎関節のみであり、左右のバランスのあり方が関節の機能に大きく影響してきます。
左右のバランスに狂いが生じると、歯だけではなく、顎関節、歯周組織にも良くありません。
身体の重心バランスが適正であることは、健康であるための重要な要素です。身体ゆがみや、重心のずれが生じている場合は、必ず頭頸部のバランスの確認を取る必要があります。

噛み合わせのバランスや、頭頸部のバランスが大きく崩れたままで、整体等で対処するのはお勧めできません。
正しいみ合わせのバランスを最初にある程度確保しながら、整体等の治療を受けることをお勧めします。
この時、整体の先生と歯科医師が良く話し合うことが良いでしょう。

正しい噛み合せは、正しい身体のバランスに大きく貢献します。
ただし、きれいに並んでいることが正しい噛み合せとは限りません。筋肉や、顎関節のどの周囲組織との調和が最も大切です。

習慣化された関節や筋肉の正しい動きに対して、歯の形態や並びが正しい関係にあることこそ理想的な噛み合わせといえます。(勿論、審美的に優れていればなおさら良いといえます)日常の動きを考慮し、将来の変化を予測し、様々な視点で噛み合わせのバランスをとることが重要なのです。

歯科治療による噛み合わせの悪化

歯科治療を行うことによって噛み合わせが悪くなることがあります。
歯は上下でぶつかり合うことによってその効果を発揮しますが、そのバランスを悪い方向に変えるような施術を行えば治療行為そのものが悪化の原因となり得るのです。

歯科治療によって噛み合わせが悪くなる例を挙げましょう。

1.虫歯治療でかぶせたものが最初から合っていない(患者さんは慣れたと思ってそのまま使ってしまう)
2.かぶせたものを、噛み合わせの変化に応じて調整しない
3.審美性を優先させ、機能性を犠牲にする治療を行った
4.歯ぎしりや食いしばりを考慮せずに治療した
5.不適切な矯正治療
6.矯正治療後、噛み合わせの安定を図るための検査と治療を怠った

最も厄介なことは、これらの問題を患者さんが早期に自覚することが難しいという点です。
このために長い間放置されれば、いくつかの原因が重なってしまい、もつれた糸をほどくように治療しなければなりません。
早期発見、早期対処こそ最も効果的です
歯が生えてくる過程では、筋肉や骨格も同時に成長することによって、そのまま天然の状態であれば、歯と筋肉と顎関節の関係はおおむね良好ですが、歯科医師が治療を行えば行うほど、歯の形や質は本来のものとはかけ離れてしまい、それまで良好だったバランスが崩れてしまうのです。

小さなずれであれば、筋肉はその動きを補正してくれますが、ずれが増えていけば、少しずつその補正が追いつかなくなることで問題が生じるのです。
歯科治療において噛み合わせをどこまで重要視するかはケースバイケースですが、

・応急処置を繰り返してばかりいる
・かぶせものや詰めものがたくさんある・かぶせものや詰めものが時々外れてしまう
・歯が浮いたような感じがいつまでもある
・耳の付け根のあたりが痛い
・口が開きづらい
・歯科治療後、どこで噛んだら良いのかわからない
・虫歯で歯が崩壊している
・歯がしみるのに、歯科医師からは問題ないといわれるなどの場合は噛み合わせの診査が必要になります。

咬合治療にはさまざまなアプローチがあり、一つのやり方がすべての症例に有効ではありません。
よい治療のためにはできるだけ原因を明らかにし、治療目標を明らかにする必要があります。 咬みあわせの問題を残したまま、歯科治療を行えば将来的にいろいろなリスクを残してしまうでしょう。

包括的歯科治療という言葉があります、歯や歯肉のことばかりでなく、口腔機能全体を根本から考える治療です。今までの歯科医師は歯のことばかり考えて治療してきましたが、歯科医学の発展によって、歯科治療は総合的あるいは複合的に行われる時代になったのです。
歯のことばかりにとらわれてしまい、口腔全体や将来へのリスクを見落とさないようにしましょう。

「患者さまと話し合う事」を最も重要視しております 03-3446-1671 渋谷区広尾5-4-7 サンパティーク広尾2F

CONTACT・ACCESS 03-3446-1671

お問い合わせフォーム

広尾駅から徒歩30秒

よくある質問

料金表

初めての方へ

  • 診療カレンダー

  • 広尾駅近

    東京都 渋谷区広尾5-4-7
    サンパティーク広尾2F
    詳細はこちら

    ドクターズファイル

    ドクターズファイル

    ドクターズファイル

    駅から動画