ペン画像

2011年03月08日 | ダイレクトボンディング

  • Before

    症例-Before
  • After

    症例-After
  • 歯と歯の間の隙間を、これだけできるようになったのは、ボンディング剤とハイブリッドレジンの

    進化によるものだといえる。6年前から行っているこの方法も、今ではスタンダードになっている。

    そういえば、この治療を行いに来てくれた福岡の患者さんが、僕にとっての最初の症例だった。

    歯と歯の間にある隙間を何とかしたいと、長年悩んでいたそうだ。

    矯正は時間がかかるし、クラウンやラミネートでは歯を削り、高額になってしまうということで、

    歯を削らないこの方法はまさに福音だったといえよう。

    その頃は、この方法は一般化しておらず、

    ある一部の歯科医師が行う方法だったと認識している。

    最近は、ようやくこの方法も当たり前になってきたが、

    この治療の真の成功は、美しさだけではなく、どれだけ長持ちするか? である。