毛利デンタルクリニックトップページへ

ブログページ

2017.10.11|良い歯科医師

「良い歯科医師」 の定義は難しい。 良いも悪いも人それぞれであるからだ。 また、その判別も、 その人の成長過程によって変化する。 良い車、良い家、良い学校、 良い教師、良い両親、良い友達、 良い職場、、、 良いにもいろい >>続きを読む

2015.12.26|求心力と寄り添うチカラ

  「人間」  をもう44年やっている。 真剣に生きれば生きるほど、 長い時間をかけてわかることがある。 たぶん僕にとって生きることは「学ぶこと」なんだと思う。   学ぶことに徹すれば、 すべては未来 >>続きを読む

2015.04.15|赴くままに

  1996年。 東京歯科大学を卒業した僕は、 歯科医師としてとして診療所に勤務することになった。 大学に残ることも考えたが、 歯科医師としての臨床経験もないのに、 何を研究するべきかさえ思い浮かばない状態では >>続きを読む

2014.12.19|回想というインターバル 

    2014年、開業してから10年目にさしあたる今年は、 とにかく診療に夢中な一年だった。   僕のブログは、一つ書き上げるのに一週間かかる。 原案から校正にいつも一週間かかるので、 今 >>続きを読む

2014.03.11|truth

        人間の生体機能は複雑怪奇であり、 人類が全てを知るには、何世紀もかかるだろう。 いや、人間が人間の体の仕組みを理解することなど、 永遠にやってこないかもしれない~ >>続きを読む

2013.10.10|からくり

      歯科治療を受ける際、どのタイミングで受診したのか? また、それまでどのような治療を受けてきたのか? によって、 患者さんの方向性がある程度見えてくる。   その方向性を >>続きを読む

2013.08.19|自由な世界の明るい道と暗い道

  自分の仕事を、僕はいつも2軸で考えている。   一つは患者さんが抱えている疾患(問題)の指向性 もう一つは、 患者さん自身の指向性だ。 疾患のことだけを考えてれば良いのなら、 この仕事はさほど難し >>続きを読む

2013.08.07|小さな舞台

  3年かけて治療した症例がやっと終わった。 そこから感じたこと、学んだこと、たくさんある。   いろいろなことを確かめながら、   いろいろなことを学びながら、 今日やっと完成した。 &n >>続きを読む

2013.08.05|瞬想

  一瞬、 自分が歯科医業を生業として生きていくことに、 さほど執着していないと思っている割には、   いざ診療が始まれば、   小さな正義感が芽生えてしまう自分に 苦笑してしまう &nbs >>続きを読む

2013.01.09|TCH行進曲

    40年も経ったというのに、   歯科医師は、未だに噛み合わせについて、 見解を統一できずにいる。 これからも統一することはないだろう。   以前にも述べたが、 悪い噛み合わ >>続きを読む

phイメージ写真

profile

院長 毛利啓銘
昭和46年11月19日生まれ
1996年東京歯科大学卒業

calendar

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930