毛利デンタルクリニックトップページへ

ブログページ

毛利デンタルクリニックブログ

「良い歯科医師」 の定義は難しい。 良いも悪いも人それぞれであるからだ。 また、その判別も、 その人の成長過程によって変化する。 良い車、良い家、良い学校、 良い教師、良い両親、良い友達、 良い職場、、、 良いにもいろい >>続きを読む

    正しい情報が全ての国民に行き渡れば、 歯科医療は今よりもずっと 正しく行われるだろうか? 少なくとも、僕はそう信じているけれど。… 正しい情報を伝えても、その情報を信じたくない、 受け入れたくない人も >>続きを読む

  大学生の頃、まだ、1年生にも関わらず、ひょんなご縁で、 当時大学院生(2年目)の先輩にいろいろと可愛がってもらった。 同じクラブ(軽音楽部)のその先輩は、 僕の音楽に対する姿勢や考え方に深く共感してくれただ >>続きを読む

        他人の口の中を毎日覗いていると、いろいろなものが見えてくる。 口の中には、それまでの生活の歴史が表れるので、 その人自身の内面の一部を、垣間見ることも少なくない。 >>続きを読む

  最近、他院にて行った審美治療後の相談が増えてきています。 セラミックを被せてきれいにしましょうと、 歯科医師に勧められて治療を受けたのだが、 どうにもこうにもかみ合わせが合わない。 とのこと。   >>続きを読む

  「人間」  をもう44年やっている。 真剣に生きれば生きるほど、 長い時間をかけてわかることがある。 たぶん僕にとって生きることは「学ぶこと」なんだと思う。   学ぶことに徹すれば、 すべては未来 >>続きを読む

  1996年。 東京歯科大学を卒業した僕は、 歯科医師としてとして診療所に勤務することになった。 大学に残ることも考えたが、 歯科医師としての臨床経験もないのに、 何を研究するべきかさえ思い浮かばない状態では >>続きを読む

    2014年、開業してから10年目にさしあたる今年は、 とにかく診療に夢中な一年だった。   僕のブログは、一つ書き上げるのに一週間かかる。 原案から校正にいつも一週間かかるので、 今 >>続きを読む

        人間の生体機能は複雑怪奇であり、 人類が全てを知るには、何世紀もかかるだろう。 いや、人間が人間の体の仕組みを理解することなど、 永遠にやってこないかもしれない~ >>続きを読む

      歯科治療を受ける際、どのタイミングで受診したのか? また、それまでどのような治療を受けてきたのか? によって、 患者さんの方向性がある程度見えてくる。   その方向性を >>続きを読む

毛利先生写真

profile

院長 毛利啓銘
昭和46年11月19日生まれ
1996年東京歯科大学卒業

calendar

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31